傷跡が残りにくいレーザーによるタトゥー除去法

タトゥー除去は病気の治療というわけではないので、原則として自由診療となります。
健康保険が使えないので、すべてが自費負担となります。

Yahoo!知恵袋の情報を手に入れてみませんか?

したがって、少しでも値段の安い病院で依頼をしなくてはなりません。

どういった方法によってタトゥー除去をするのかも、病院によっては違ってくるので、いくつか病院を回ってみて最適だと思うところに通うのがベストです。

病院によっては、傷跡が残りにくい方法でタトゥー除去をしてくれる場合もあります。


タトゥー除去にはさまざまな手法がありますが、基本的にはどういった模様なのかによって臨機応変に選択していくものです。

最近ではレーザー治療が人気になっていますが、これは黒一色のタトゥーを除去するのには最も適している方法です。



美容皮膚科などで行うシミや肝斑の治療に近い方法であって、レーザー光線の力によって色素を破壊するのです。



破壊された色素は、新陳代謝とともに自然に皮膚の外に排出されるので、傷跡を残さずに色を薄めていくことができるのです。ただし、レーザー治療は非常に時間のかかる手法であると言われています。通院は複数回しなくてはなりませんし、時間も数ヶ月以上はかかることを知っておかなくてはなりません。
しかしその分、仕上がりはきれいになり、傷跡もつかないのです。

それぞれの手法にはメリットもあれば、デメリットもありますから、手術を担当してくれる医師と相談の上で賢く選んでいく必要があります。